今年の夏、友人に誘われて海へナンパに行きました。「海でナンパとは、またベタな…」と思われるでしょうが、これまでそういった経験がなかったし、今は彼女もいなかったので、夏のテンションに負けてしまった感じですね。

ナンパは失敗

海に到着すると水着の女の子がたくさんいて、この時点では希望に満ちあふれていました。友人も「これだけ女の子がいれば、お互いゲットできるよな!」とハイになってまして、私たちも着替えて海へと向かったのですが…。

そうした期待をよそに、現実は厳しかったのです。海にいる女の子は彼氏持ちがとても多く、声をかけようとしたら彼氏が駆け寄ってきたり、彼氏なしの子でも意外と警戒心が強かったり、結局はナンパできませんでした…。

しかも夏ってことで日差しは強く、ナンパで歩き続けていたからすっかりへとへとでして、まさに『骨折り損のくたびれもうけ』でしたね。友人も海に来た当初のテンションは消え去り、「今年の冬にまた頑張るか…」と、力なくつぶやいていました。

意気消沈して家に戻った私は、「本当にまたナンパしたいのか?」と自問自答したんです。それでネット検索してみたところ、ナンパの体験談のほとんどが失敗談ばかりでして、私はすっかり「もうナンパに出かけるのはやめよう…」と懲りてしまいました。

ネット検索で神待ち掲示板の存在を知る

ただ、このネット検索のおかげで、いいサイトを見つけたのです。それは『神待ち掲示板』と呼ばれるところでして、ここではナンパというよりも、『泊まりたがる女の子を誘い、泊める代わりにセックスさせてもらう』といった場所ですね。

そもそもナンパする目的がセックスなのですから、私は「神待ち掲示板のほうがすぐにセックスできるだろうし、ここを使うほうが効率的では?」と気付き、試しに近くにいる子へ声をかけました。

すると海でのナンパとは異なり、「すぐに行きます!」と女の子が乗り気でして、びっくりしましたね。あれほど苦労しても女の子をゲットできなかったのに、神待ち掲示板だとここまで簡単なのですから、セックス目的のナンパだと馬鹿らしく感じませんか?

ちなみにこの子はサクラでもなんでもなくて、ちゃんと会える子でした。だからセックスもちゃんとさせてくれまして、夏のいい思い出が作れたのです。

かなりのイケメンならナンパも成功しそうですが、私たちみたいな男なら、神待ち掲示板のほうがすぐに目的も達成できます。夏は外を歩くだけでも体力を消耗しますので、神待ちしている女の子と遊ぶほうがいいですよ。