女性のオナニーと言えば指入れのイメージが強いですが、女性のオナニー方法は男性以上にバリエーションが豊富で、『その女性ごとの弱い部分』によって変わります。女性を感じさせるなら、この弱い部分を知ることで有利になるでしょう。

ちなみに女性がオナニーで触りやすい部分と言えば、実は中よりもクリトリスです。このクリを中心にいじるオナニーをクリオナと言うのですが、クリオナを好む女性はクリが弱点ですので、クンニの際はここを舐めてあげると喜びますよ。

私は昔からクンニが好きだったから、クリオナが好きな子をいかせるのは得意でした。というか、クリはクリオナをしない子であっても感じやすいため、「この子はどうやれば感じるんだろう?」と悩んだら、とりあえずクリを舐めてあげましょう。

こんな風に愛撫することで、私もとある女性を満足させられました。その女性とは神待ちサイトで知り合ったのですが、最初はあまりセックスとかも好きそうではなくて、「泊まるために渋々やらせてくれているんだろうなぁ」と思っていたのです。

この女性はノリカ(仮名)という名前で、スタイルはすらっとしたモデル体型でした。胸やお尻がすごく大きいわけではありませんが、くびれなどのメリハリのある体つきでして、これが好き勝手できると思えばテンションも上がります。

ただ、ノリカは無愛想ではありませんが、家で脱がしたときも余裕があるというか、恥じらいがあまりありません。こんな様子を見ているとセックスで感じさせられるかどうか不安でして、どんな風に攻めようか悩んでいました。

しかし、ノリカを全裸にしてクンニを始めると、明らかに反応が違ったのです。アソコの入口付近はまあまあでしたが、クリを舐めるとすごくビクッとして、ここが弱いと思った私は必死に舐め続けたのですね。

するとノリカも神待ちサイトで知り合ったときからは想像もできないほど高い声で鳴き、私の顔にかかってしまうほどの潮吹きをしました。落ち着いたノリカに気持ちよかったかを聞くと「私、オナニーのときはクリばっかり触るから、弱いの…」と、予想通りの答えでしたね。

一度いったノリカは挿入に対して反応が良くなり、私も気持ちよく出すことができました。神待ち女性と楽しむ場合でも愛撫が大事なので、「女の子も楽しませてみたいな」と感じたら、クンニを頑張ってくださいね。

なお、クンニの練習をするときも神待ち女性なら誘いやすいため、「練習相手がいない!」という男性は誘ってみましょう。