私は知り合いたちから『熟女ハンター』という、なんとも言えないあだ名を付けられています。というのも、これまでにセックスした女性の多くが40代以降…つまりは熟女であり、ある意味納得のあだ名でもあります。

ただ、そんな私でも「別に熟女専門じゃない」というのが、率直な意見です。そう、私が熟女を抱いてきた理由は『出会い系でセックスできる相手の多くが熟女だったから』であり、熟女しか抱けないわけではありません。熟女には熟女の魅力がありますが、やっぱり若い子も嫌いじゃないですね。

ちなみになぜ熟女が抱きやすいかと言えば、『若い女性に比べて相手が少なく、声をかけるだけでやらせてくれるから』です。一度試してみると分かるのですが、40代以降の女性は本当に飢えているのか、話しかけるだけで歓迎されますからね。

こうした経験ゆえに熟女ハンターとなった私ですが…つい最近になって「さすがに、そろそろ若い子も抱きたいな…」と本気で考えました。なにしろ20代の子を抱いたのはもう7年も前の話でして、若い子に飢えるのも当然というか…。

そんなこともあって使ったのが、神待ち掲示板でした。出会い系は先ほど話したように熟女が多めですが、神待ち掲示板だと若い子がかなり多くて、30代以下もたくさんいるのです。出会い系とは違った交渉が必要ではありますが、家に招ける男性の場合、さほど難しくありません。

そして私が今回セックスしたのは、24歳の女性でした。仕事は契約社員らしく、主に事務仕事をしているらしいです。雇用形態ゆえにあまりお金がないのか、家に帰れない際は神待ちをすることも多いみたいで、知らない男性の家に泊まるのにも慣れっこだとか…。

熟女ばかり抱いてきたので神待ち掲示板で若い子と遊んだ話

会ってみたところ、確かに最初からリラックスしていて、年齢のわりには落ち着いている印象です。ですが、顔立ちや体つきはまさに20代でして、熟女とは違う締まったシルエットに思わず喉を鳴らしました。

家で脱がしたときは、やっぱり久々に見る若い肢体が眩しかったですね。肌は白めでシミなどは少なく、抱き寄せると甘い香りが漂うのがたまりません。この年代はやっぱり容姿に気を遣うせいか、熟女よりも美しい人が多くなりますね。

挿入した具合もやっぱりきつめでして、正直「うーん、しばらくは若い子を抱きたいし、神待ち掲示板ばっかり使うほうがいいかも…」と思ってしまいました。普通の出会い系に戻るとやっぱり熟女メインになるし、こう考えるのは仕方ないですよね。