皆さんこんにちは!
今日は日本列島が全体的に暖かいみたいですね♪
神待ち掲示板も暖かくなりかなりの盛り上がりを見せておりますので、ぜひぜひ拝見していってください♪
お気に入りの女性がいましたらすぐにメッセージして助けてあげてくださいね♪

それでは本日の投稿のご紹介です♪
H.N
「神民」さんからいただきました!

実家で暮らしていた頃、どうも私は女性にいいイメージが持てなかったのです。母親は厳しい教育ママという感じで、おかげで私の成績は良かったのですが、いつも窮屈でしたし、「悪い成績を取ったら怒られる…」という怯えもありました。

さらに、姉と妹もいたのですが、この2人もいろいろとアレです。母親と違って厳しいわけではありませんが、なぜかすごくだらしない性格で、母親の言うことにも従わないヤンキーだったのですね。だからこそ、唯一大人しい子供である私を厳しくしつけたのかもしれませんが…。

そんなわけで、実家で3人の女性を見て育った私は、独り立ちするまでは「女ってみんなこうなのかな…」と幻滅し、彼女を作りたいとか、セックスしたいとかは考えませんでした。性欲はありましたが、母親はエロ本などは許さないため、私のおかずは『一般向けの漫画のちょっとエッチなサービスシーン』だったのです。

現実の女性に興奮しない私にピッタリのおかずという感じで、今でもそういう漫画は好きです。ただ、独り立ちしていろいろ経験したら「家族以外の女性なら、悪くないな…」と考えられるようになり、セックスも楽しんでいますよ。

大学を卒業したら無事に大手企業に入社できて、順風満帆のまま独り立ちができました。母親は「あの子たちに似なくてよかった…」とずっと喜んでおり、あんな仕打ちを受けていたものの、少しだけ感謝もしましたね。

しかし、独り立ちしたらそれまでの生活スタイルを完全に捨てて、私はやりたいことを満喫しました。一般向けではなく成人向けの漫画やアニメを観まくったり、ときには夜更かししながらゲームをプレイしたり、とにかく自由に生きていたのです。

そして私は『神待ちしている女性を泊められるサイト』を使うようになりました。これまで性処理には二次元ばかりを利用していましたが、なんとなく三次元のエロ動画を見てみたら、「セックスもちょっとしてみたいかも…」なんて思ったのです。

それで簡単にセックスさせてくれる神待ち女性を誘い、家に泊めて初セックスをしたのですが…その女性が『姉や妹とは違う女性らしい人』でして、私はとても感動しました。

下着はすごく女性らしいし、無駄毛もキレイに処理していたし、「自分の家族はなんだったんだ…」と思うほど魅力的でしたね。もしもこの神待ち女性と遊んでいなかったら、今でも女性には幻滅していたかもしれません。

やっぱり現実の女性にエロいことをするのは、いろいろと満たされますよ。