神待ちしている子を先日初めてゲットしたという男性(32歳・会社員)は、出会い系サイトを利用する際に目標にしていた事をある方法を使って達成したという。

その方法は、見事というべきか、的を得たような内容だったので、今回紹介したい。その方法とはタイトルを見てのとおり神待ちしている子と飲みに行く。というものだった。彼の体験談を交えて以下に紹介したい。

神待ちしている子と飲みに行く。

社会人になってというものの、学生時代にあったような淡い恋の経験はなく、黙々と仕事をこなしてきたというこの男性(32歳・会社員)。仕事一筋というのか、仕事が終わったら毎日帰って食事をとってたまにはオナニーして性欲を発散する毎日だったと話す。

そんな彼も32歳という年齢のせいか我慢の限界に達し、ついに女性を求める日がきた。その日は今から約1週間前である。彼は夜中、くたびれたAVとオサラバする事を決めて今更だが、出会い系サイトに初めて手を出した。とにかく確実に出会いたいがために、彼がまずとった方法は、ノートに出会えそうなサイトを書き綴るという事。彼曰く2,3時間ほど使ってリサーチをして、情報収集を怠らなかったと話す。もちろんこのノートにも神待ち掲示板の名前はあった。

それから彼は出会えそうな出会い系サイトすべてに登録を済ませてたくさんの女性にアプローチをした。学生時代から10年以上女性との色恋が無かった為、1通のメールを何度も何度も訂正し何分もかかった連絡を繰り返していた。そのうち当たり前だが、ポイントがなくなり、課金をする羽目になった。いきなり課金と言われて「はい。そうですか」とお金を払うわけにもいかないので、とにかくすべてのサイトに登録して無料ポイントを武器にメールを送りまくった。

すると、神待ち掲示板で良好な反応があったので、彼は神待ち掲示板のPCMAXに課金した。飲み代くらいの課金だったので何のためらいもなかったと話す男性。

課金後、女性と連絡を取り合っていたら泊めてほしいとのオファーが来た。それに了承して迎えに行くことを決めた男性。まさかこの出会いが本当に少女とのセックスに繋がるなんてその時は思いもしなかったという。

それから近所の駅から2,3駅電車に乗った先にある駅についているコンビニで待ち合わせをしていたから待っていると、彼女は現れた。26歳と聞いていたが、とても26歳とは思えない風貌だったため、何歳?と改めて聞いてみたら21歳だったという。

未成年ではなかった点で安心したそうだが、21歳でも一般常識から言えば非常識な行為である。しかし、彼の性欲をとめるはずの理性も働く事はなく、とにかく彼は彼女を家に招く事にした。

帰る道中、彼女とのコミュニケーションが分からなかった彼は、とにかく楽しく会話したいが、どうしたら良いかわからなかったという。そこで、彼女に「お腹空いた?」と聞くと、お腹空いたというので、近所のしがない居酒屋に連れてく事にしたという。

今となっては死語だが、「飲みニケーション」という言葉があったように、とにかく飲みニケーションを取りたいと彼は思ったからである。彼は飲みニケーションという言葉が流行した時代を生きた仕事一筋のコミュ障な男性だ。まあそうなるだろう。

それから居酒屋で、暗黙のルールのオゴリという条件をいいことに、彼女はたくさん酒を飲んだという。今の若い子は加減を知らないし、常識も知らない。遠慮という事を知らない彼女は結果酔っぱらった。

そして、彼は酔っぱらった女性を連れて帰宅。彼女にお風呂に入るように言うが、いう事を聞かない女性。いらだちを感じた彼は彼女を脱がして風呂に入れてやったという。しかし、女性が目の前で裸になっては彼の性欲が黙っていない。

神待ちしている子と飲みに行く。

彼は風呂場の脱衣所で脱がしてその場で彼女と生でヤッた。

久しぶりのセックスに彼は大奮闘・・・翌朝、彼女は彼の家に居候する事になったと話す。今では同棲している彼女になっているものの、その当時の出会いが忘れれず、神待ち掲示板で紹介してくれた男性。

神待ち掲示板ではこのような出会いもあるものだ。と感じされられた話だった。