神待ち少女達ってなんであんなに可愛いんでしょうね。若い子って本当に最高。方言も可愛いし、背伸びしちゃってる姿なんてもうたまりませんね。

若い子ってなんて可愛いんだろう。会話が成り立たない所だったり照れ屋さんだったり・・・もう可愛い所を上げたらキリがありませんね。

え?気持ち悪いって?そんな事言っちゃいけませんよ。可愛いから可愛いって言ってるだけなんです。若い子が好きで何が悪いんだ。正直者で何が悪いんだ。

今回僕が見つけた神待ち少女はピチピチの20歳。犯罪じゃないぞ。僕らは健全な出会いなんだ。彼女はそんじゃそこらのオバサンと違ってピッチピチの20歳。今年成人式を終えたばかりのかわいこちゃんだ。

そんな彼女と僕がデートした場所は定番の公園を散歩。一緒に商店街に行って何か食べたり、公園を散歩して遊具で遊んだりした。

今までの神待ちは24歳とかだったから公園を散歩とか言ったら「キモッ」とか「は?意味わかんないし」とか「一人でいってらっしゃい。」とか言われてたけどこの子は純粋そうだし僕のワガママに付き合ってくれた。

僕は以前から若い事高校生みたいなデートがしたくてしたくてたまらなかった。あの純愛というかなんというか初々しい感じを体感したかった。一時は頭がおかしいのかな。と思ったけど、友達に言われた言葉で僕は正気をとりもどした。「みんな違ってみんないい。」ああ、どこかで聞いたことがあるセリフだけど、なんだか心にしみるな。

神待ち掲示板は僕の宝物だ。