神待ちしている人たちは、少女だけ・・・そんな思いを持っていたのは僕だけでしょうか?先日、神待ち掲示板の愛カツで出会って仲良くなった果てに会った女性はオバサマでした。

待ち合わせ場所に待っていて「なかなか来ないな。」と思っていたらまさかのオバサンに肩をタッチされて「おまたせ。」

一瞬僕は事態を飲み込めてなかったけど、瞬時に帰ろうと行動しようと足を進めた。しかし、おばさんが僕のシャツの袖を掴む。「ちょっと待ってーな!」

僕は急な彼女の行動に怒り心頭。「なんやねん!オバハン!」すると、オバサマは涙目になりながら「やっと出会えたんや。やっと出会えたんや。逃げんといて・・・」と何やら深刻そうな様子。

僕は同情に負けて「分かった。とりあえず嫌やけど車に乘りぃ」と優しく声をかけました。それがまさか大惨事になるとは思いもせずに・・・

それからオバサマは僕に身の上話をしてくれました。「相談に乗ってくれるだけでもいい。本当に申し訳ないけど私も神様を待ってたんや。」と。

真剣に話を聞いて僕は感動しました。彼女の旦那様は他界されて、一人で住んでいるのだとかで・・・旦那様の代わりをしてくれる男性を求めているのだと。

未亡人である彼女は最後に僕に「私も実は溜まっとんの。せ、せっくすしてくれへんか?」と僕は仕方なく身をゆだねた。

あぁ、神様良い行いをしました。そろそろ美少女を僕に下さい。

神待ち少女に人気のサイト

神待ち少女に人気のサイト

神待ち少女達にいち早く出会えるサイトをご紹介しています。