神待ちサイトで見つけた少女は歯科衛生士だった。彼女は今年から社会人になる女の子。可愛らしい目をしていて、どこか幼さを感じさせる雰囲気は、僕の変態心をくすぐった。そんな彼女と僕は夜にセックスした。

今回はそれまでのいきさつを話したい。

僕はその日、仕事が休みで当時付き合っていた彼女とデートする予定だった。しかし、その日急に僕は彼女にフラれてしまったのだ。

急な展開過ぎてもう意味がわからなくて、とにかく怒り半分、悲しみ半分だった。そして僕は彼女の家に行って彼女と話をした。すると、どうやら新しく良い男性が出来たというではありませんか。僕は納得できなかったけど、これ以上彼女に何か言っても変わらない気がした。

そこで、僕はこのモヤモヤした気持ちを発散させるために神待ち掲示板のPCMAXを利用した。そこで神待ち少女をゲットして家に招いてセックスしようと思ったからだ。初めて使ったけど、ものの数分で女の子が釣れた。その子はとてもいい子で歯科衛生士をしている子だった。歯科衛生士の彼女は目元が可愛らしい感じでその日会いたいという僕の要望に応えてくれた。

待ち合わせ場所で待っていたら笑顔がとても素敵な女性が現れた。彼女と一緒にローカルなコンビニでお酒を買って家で飲んだ。

もちろん帰る足はないから、そのまま家に泊めてあげた。その晩はセックス三昧だった。とにかく現実を忘れたくて荒れ狂うようにセックスした。僕はバカだ。