神待ちや出会い系サイトを利用する男性の全員がケチとは言いませんがケチな男性が多い事は事実です。
なぜかというと援助交際や風俗店と異なり、お金を払わずにエッチな事がしたいという下心があるためです。
もちろん暗黙の了解として家出少女に食事を奢る、寝場所を提供する必要はあります。

ですが食事代とホテル代を支払ったとしても、援助交際や風俗店で支払う金額と比べれば安いと言えます。
それに食事代やホテル代だって減らそうと思えばお金をかけない方法はいくらでもあります。
例えば食事はコンビニのお弁当で寝る場所は1人暮らしをしている自分の部屋であれば、トータルコストはワンコインで事が足りてしまうのです。

そんな対応されて神待ちをしている家出少女は怒らないの?
そう思う人もいるでしょう。
確かに自分がセックスする価値がだったのワンコインしかないのと不満には感じるはずです。
ですがだからといってその時間帯から別の男性を探しても見つからない可能性があります。

そうなるとお腹が空いても何も食べる事が出来ずに、寝場所もないから野宿なんて事になってしまうかもしれません。
そんな最悪な状態と比べればまだケチな男性の方がマシと考えるわけです。
そんな立場が弱い家出少女の足元を見た対応だと言えるでしょう。

だからこそ家出少女は神待ちや出会い系サイトでケチではない男性を探さなければいけません。
ではケチな男性の見抜き方について紹介します。
まず相手選びの段階で、夕食をどこに連れて行ってくれるのかと確認しておきましょう。
お店のランクで簡単にケチ度が分かります。

あとは趣味が何か尋ねてみて下さい。
お金がかかる趣味なのかお金がかからない趣味なのかでケチ度がある程度分かります。

また会う前に写メも交換するケースが多いと思いますが、この時見るのは容姿だけではありません。
洋服にお金をかけているかどうかも判断材料となります。
他にもケチな男性は交際費をケチる傾向があります。
そのためムダな交際費はかけたくないため、交遊関係は狭く友達が少ないのが特徴です。

なので「休みの日に何をしていますか?」という質問をすれば趣味や友達の有無が分かる可能性が高いと言えます。
神待ちや出会い系サイトを利用する男性は、若い女性と出会いたいからとか家出をして困っている家出少女を助けたい。
そんな理由の人もいるかもしれません。
ですがその大前提がお金がかからない事に重点が置かれているケースが多いからこそ、相手選びは注意が必要です。