「神待ち」と聞いて、頭の中に思い浮かべるイメージは人それぞれでしょう。
その中で、「ちょっと危ない」、「リスキーだ」などといったネガティブなイメージを持つ人は、まだこの素晴らしい世界を知らないのかもしれません。

私はすでに知っています、神待ちをする女の子たちと出会えば、素晴らしい体験ができることを。

リスキーだと考えてしまうことも否定はしません。確かに、出会った女の子たちが18歳未満であれば、それによって警察のお世話になる可能性があるわけですし、それによって仕事を失う、家族を失う、というところにまで飛び火する可能性もあるでしょう。
それを考えられるのは防衛本能が働いている証拠ですから、決しておかしなことではありません。

まずもってお伝えしたいのは、神様を待っている女の子が少女ばかりだとは限らないということ。
18歳や19歳の女の子でも、サポートや援助をしてくれる、あるいは食事や宿の面倒を見てくれる男性のことを神様と表現し、体を差し出すなどして利用していることは多々あるのです。

この年齢の女性をターゲットとすれば、これは何の問題もありません。風俗で働くことができる年齢の女性であれば、会ってエッチなことをしたとしても、全くリスキーなことはないでしょう。
実際に、ネット掲示板などを見てみれば、18歳や19歳の女の子もたくさん神待ちをしています。

もっと言えば、20代でもそれをしている女の子たちはたくさんいるのです。
20代であれば、なおさら問題とはなりません。しかし、最近の20代は若いですよ。見た目も体も若く、しかし心は大人っぽいですから、エッチに関してもオープン。
男の人にとっては、これほど都合のいい世の中は未だかつてなかったのかもしれないと言えるくらいなんです。

仮に少女が相手だったとしても、食事を一緒に食べることくらい、何の問題もありません。お腹を空かせている少女がいれば、それに手を差し伸べるのは、むしろ大人の男性としての優しさですから。
極度に怯えたり危ないと考える必要はないでしょう。

もしネット掲示板で神待ちしている女の子がいれば、どんどん積極的に会ってみてもらいたいと思います。
その先に広がる世界は素晴らしく、しかし、それは勇気を出して女の子と会った人にしか見えないものでもあります。
臆病になっているだけでは、その素晴らしい世界は見えてきませんよ。「リスキーだ」と思ったことほど、その先にあるのは喜びであったり刺激的なものであったりするのですから。