神待ち掲示板について情報が欲しくて、先週yahoo様の知恵袋を利用してみました。

何か困ったら知恵袋を使ってみる!何か質問すれば詳しい人が答えてくれる。それも営利目的とした商売人ではなく、非営利的な素人が素直な答えを教えてくれる。そんな所に知恵袋は付加価値というか、信頼性を感じますよね。

しかし、今回「神待ち」について知恵袋で情報収集しようとしたら驚きの結果が。

神待ち掲示板について信頼性のある情報が欲しい。そんな方の為に、今回は知恵袋の「神待ち」というジャンルの世界について紹介したい。

「神待ち」の知恵袋は商売人がいっぱい。

悩みを相談したい。困った事があるから誰かに助けて欲しい。ただ回答するだけなんてものじゃなくて色々な人の意見を聞きたい。体験談を聞きたい。そんな機械じゃ答える事ができない悩みを含めて素人の生の人の回答を答えてくれるのが知恵袋。

確かに、この知恵袋は素晴らしいもので私も多く利用する事があります。人と人とが相談しあう場所なので間違った回答はあれど人と人との新鮮なやり取りが載せられていて、いくつかの問題を解決していただいたりと助けられた事もしばしば。

しかし、人と人との新鮮なやり取りであるからこそ、中には悪用される事もあり。今回「神待ち」というジャンルに関して調べてみた所、この「神待ち」というジャンルにある情報は悪用された情報がほとんどだった。

神待ち掲示板を利用する上で、必ずといっていいほど誰もが感じる事。それは「神待ち掲示板って神待ち少女と本当に出会えるのだろうか?」である。直接会う出会いと違って、ネット上の文章で始まる出会いは何かと不安がつきまとうものだ。そんな悩みをいざ解決するためにネットで体験談を検索してみた結果、検索結果にある知恵袋を見る。

そこには、「神待ち掲示板は出会えると聞いたのですが、どこがオススメですか?」「はい。◯◯というサイトがオススメですよ。友人から聞いたのですがカカオとかLINEとか交換出来て、サクラもいなくて確実に女性と出会えます。」というようなとても美味しい内容が盛りだくさん。

神待ちを知恵袋で探してみたら・・・これが神待ちの現状?001

ほぉ・・・それなら。と利用してみると確実に待っているのは、「課金までしたのに出会えなかった。」という青ざめる悪夢のような真実。

なぜそのような事が言えるのか?それはこの「神待ち」の知恵袋で勧誘しているサイトは、神待ち少女からも、神待ち少女を募集している男性からも人気が無いからこそ掲載しているからだ。

確実に女性がいる割合は少ないといえるだろう。それに知恵袋の利用者は神待ち商売人の勧誘が見たくて知恵袋を開いたのではなく、神待ちを利用した人と人とのやり取りを見たくて利用している。にも関わらず神待ち商売人は巧みに利用者を装って勧誘しているのだ。そう考えるとそこまでするような神待ちサイトをアナタは利用したいと感じるだろうか?

神待ちを知恵袋で探してみたら・・・これが神待ちの現状?002

少なくとも私は否である。