高校生のとき、私は公立校に通っていました。公立校でも頭のいいところはありますが、私立に比べるとお馬鹿な学校も多くて、私の学校もそういう感じでした。チャラ男やDQNもかなりいまして、真面目な男子生徒は少数派です。

私はどちらかと言えば地味で目立たなかったので、クラスでも存在感はありませんでした。そのおかげで灰色の青春だったとは思いますが、同じクラスの女子もあまり頭が良くなかったおかげで、それなりに楽しみはありましたよ。

頭の良くない学校だと、女子も隙だらけというか羞恥心が少ないですよね?だからスカート丈が短い子も多いし、パンツが見えていてもそのままな子もいたし、そういう子を観察し続けるのが休み時間のお決まりでした。

おかげでパンチラはたくさん見られまして、いつもおかずには困っていません。そしてとくにパンチラが多かった女子はいつも真っ白な下着を着用していたので、私はすっかり白下着が好きになりました。男は白いパンツが好きなものですが、その良さは何度も見ていると分かりますよね?

なお、社会人になるとパンチラを見る機会も減ってしまい、『運が良ければ町で見られる』という状態になりました。しかも成人女性はなかなか白下着を着用しないせいか、たまにパンツが見えてもヒョウ柄とかピンクとか、白に比べると露骨なものが多くて…。

だからこそ、この前泊めた神待ち女性の下着が上下白だったときは、すごくうれしかったですね。「神待ちサイトを使う子は派手な下着が多そう」と勝手に予測していたのですが、白下着の成人女性もいるんですねぇ…。

神待ちサイトを使った理由は、セックスしたかったから…これは説明不要なレベルですね。パンチラで抜くのも好きですが、私も男なのでセックスは好きなので、手っ取り早くセックスしたくてこのサイトを選んだのです。

そこで見つけた女性は21歳で、「この年齢だと、背伸びした下着が多いだろうなぁ」と考えますよね?だけど家に連れ込んでから脱がしてみると、まず見られたのが真っ白なブラです。女性は基本的に上下の色を合わせるため、この時点で期待しませんか?

その期待のまま下も脱がすと、どれくらいぶりかも分からない、真っ白なパンツが姿を現しました。このときは神々しさも感じられるほどに輝いて見えて、脱がすのがもったいなく感じた私は、脱がさずにずらして挿入したのです…。

真っ白なパンツは地味だと言われますが、男にとってはその清純さが逆に性欲を刺激するので、女性の皆さんはぜひ勝負パンツにしてほしいですね。