神待ち家出少女として神待ちサイトを利用しているからといって、必ずしも家出している訳ではありません。
そもそも家出の定義自体が変わってきていますよね。
以前は家出と言えば、もう二度と実家には帰らないという強い意志を持ち学校にも行かず、水商売などの世界に入るのが一般的でした。
ですが最近の家出の多くはプチ家出と呼ばれるものです。

言葉からも推測出来ますが、1週間とか1ヶ月とかの短い期間の家出を何度も繰り返します。
別に親子関係が上手くいっていない訳ではなく、特に理由もないのにフラっと気軽に家出をし何事もなかったように家に戻ってくるのです。
家出中でも親と携帯は繋がり連絡を取る神待ち家出少女までいます。

また家出していないのに神待ちサイトを利用している女性もいます。
では何のために神待ちサイトを利用しているのか?というとそれは、食事を奢ってもらうためホテルに宿泊するためです。
例えばある女性はアイドルのおっかけをしています。
アイドルのおっかけをしようと思ったら色々とお金がかかってしまいます。
ですが、自宅の近くのコンサート会場だけではなく、地方のコンサートにも参加したい訳です。

そこで食事代や宿泊費を節約するために神待ちサイトを利用します。
他にも派遣社員ので給料日前にお金がなくなり、ご飯が食べられなくなると決まって神待ちサイトを利用しそこで知り合った男性に食事を奢ってもらうそうです。

人妻で夫婦げんかで家を飛び出して、泊まる場所がなく神待ちサイトを利用したという女性もいます。
もうこうなってくると必ずしも若い女性と出会える訳ではなくなりつつあります。
なぜ家出中でもないのに神待ちサイトを利用するのかというと、出会い系サイトの中でも緊急時に強いためです。
今夜出会える相手を出会い系サイトで探すのは案外難しいものです。
男性の場合は即会い即エッチを求めているんじゃないの?と思われるかもしれません。
ですが出会い系サイトでは即会い即エッチを求める女性=サクラというイメージが強すぎて男性も「今夜会える?」と誘ってくる女性には警戒心を持ってしまいがちです。

ですが神待ちサイトなら今夜中に会えないと困る女性の駆け込み寺っぽい存在になっているので、返信が早く確実です。
さらにセックスをする事が前提ですが、食事代や宿泊費は男性が出すモノとなっています。

サイトの趣旨が変わりつつあると思う人もいるかもしれませんが、ある意味20歳以上の成人女性で家出していない方が男性としてもリスクがないと言えるのではないでしょうか?