まず窮状少女の窮状。読み方が分かりませんでした。(笑)(きゅうじょう)と読むようですね。そしてこの意味はなんだ?【困り果てている事】だそうです。なんだ神待ち少女と一緒じゃないかと思いましたが
、窮状少女は神待ち以外にも【行き場のなくなった女性が風俗で働くしかなくなる】など、家出少女以外にも当てはまる女性を総称した呼び方が【窮状少女】と呼ぶようです。

出会い系の神待ち掲示板で助けを求める少女は数多くいますがやっぱり出会い系は怖いと敬遠してしまった女性が

風俗などに身を沈めてしまうパターンになってしまうのでしょうね。

そういった女性を助けるためにあの有名な映画監督(山田洋次)さんらが呼びかけ人となって相談窓口や安心できる居場所を作ることを目指す【若草プロジェクト】が創設されました。

と言っても人間って相当に追い込まれてどうしようもなくならないとこういった所に自ら足を運ぶ事はないのではと思います。

少なからず恥ずかしさやプライドが邪魔をしたり、他人の世話にはならない!など。

問題は山積みなのではないでしょうか。

今の若い世代と高齢の方では少なからず考えも違うし

結局は出会い系サイトにおんぶにだっこの神待ち少女が増え続けるのではないのでしょうか。