神待ち掲示板にはお腹を空かせている家出少女がたくさんいる。
そして今日もそんな家出少女を神待ち掲示板で見つけた。

今は二人で昼食のハンバーガーを食べている。
家出少女と絶賛マクドデート中だ。

彼女は意外と小食なのか、ハンバーガーとポテト、それにシェイクだけだ。
対する俺はハンバーガー3つにポテト、コーラが2本だ。
まあどちらにせよいつもと同じ値段くらいか。

こんなもんで目の前にいる可愛らしいオチビさんとセックス出来るのであれば俺は天に感謝しないといけないな。

ハンバーガーを食べながら話を聞いていたのだが、オチビさん実はしばらくは家に帰る予定がないそうだ。
それならばうちに2泊でも3泊でもしていけばいいと俺は提案。

この提案に乗ったオチビさんとしばらくは二人で生活することになりそうだ。
その間の食費はどうしようかと計算を始めた頃オチビさんから提案が。

俺はおチビさんを止める代わりにセックスをさせてもらえる。
オチビさんは更に手料理を振る舞ってくれるらしいので俺は食材を揃えるだけでいいとのこと。

こんな好条件を飲んでいいのだろうか・・・
明らかにこちらに有利な取引だが、彼女が良いというのであればそれで良いのだろう。
俺箱の提案を受け入れた。

その日から神待ち掲示板で知り合ったオチビさんとの二人暮らしが始まった。