俺は変な娘に好かれる運命にあるのだろうか・・・
神待ち掲示板で変わった娘に出会うことは珍しくない。
珍しくないのだが今回のはレアケースすぎんだろ!!

俺はどんだけマニアックな女の子に好かれる運命なんだよ!!

ことの発端は例のごとく神待ち掲示板だ。
俺はその日暇だったのでスマホでネット(主に出会い系)で楽しんでいた。
そこで神待ち掲示板のある書き込みを発見。

「今夜泊まるところがないので泊めてください。なんでもお礼します。」

なんでもお礼をすると言う文章に釣られた俺は彼女と会うことにした。
なんでもお礼をするのなんでもは勿論セックスを含んでいるのだろう。
そんな下心を抱きつつ俺は約束場所へ向かった。

約束場所には彼女はまだ来ていなかった。
まあ少し早めに出たからな。

約10分後。
彼女が到着。
なんかバニラみたいな良い臭がする。
ていうかなんで女の子ってこんないい匂いすんの?
それだけで興奮できる俺ってもしかして変態・・・?
いやいや、男は誰でも女の子の匂いに弱いんだ。
これは子孫を残そうとする動物的本能でだな・・・
などとごちゃごちゃ考える俺。

「あの・・・」

そんな俺の葛藤を知ってか知らずか彼女が話掛けてくる。
「ん?ああごめんごめん」
「いえ・・・」
「・・・」
「・・・」

「お腹すいただろ?なんか食べに行くか」
「はい・・・」
「・・・」

か、会話が続かね~(´・ω・`)
意思疎通ができてないんですけど・・・

まだR2D2(スターウォーズの掃除機みたいな奴)とかPepper(ソフトバンクの生意気な人型ロボット)の方がコミュニケーション取れるんですけど・・・
ていうかこの娘、しゃべる自販機より喋んねーし・・・

どうする?どうする俺?
何か一発ギャグでもかまして笑わせるか?
いやいや、そんなんドン引き確定だろ・・・

「・・・」
「・・・」
「何が食べたい?」
「なんでも良いです・・・」
「何が好きなのかな?」
「好き嫌いはありません・・・」

もう嫌だこの娘・・・
どなたか代わりに引き取っちゃあくれやしませんか・・・

とは言え神待ち掲示板で助けを求めてたんだし無下には出来ないな・・・
なんでもお礼するとか言ってたし・・・
最初の下心も完全に萎えた俺は取り敢えずロボ娘を連れてラーメン屋へ行った。
取り敢えず助けたら何でもお礼すると言われたので一緒に風呂に入って背中を流して貰った。

それにしてもすごいまな板胸だな・・・
こりゃあセックスするにしても揉めないし挟めないな・・・

そんな失礼なことを考えながら風呂から上がったのであった。
この後ロボ娘を抱いたかどうかは想像にお任せする。

神待ち掲示板での俺の勝率、殆どがこんな変な娘たちだよ・・・