神待ち掲示板でまるで少女漫画の様な女の子に出逢った。
なんというか、乙女チックな家出少女とでも言うのだろうか・・・

その娘に出逢ったのは大きな神待ち掲示板。
今からおおよそ2年前の話だが、その時の話をしよう。

まず約束場所に向かって俺はびっくりした。
超フリフリのドレスを来た女の子が一人ぽつんと座っている。
まるでフランス人形のようだ・・・

顔立ちが整ってるから余計に人形ぽっく見えるんだよな・・・
しかも髪の毛もツヤツヤで綺麗だ。

そんな彼女は男女の色恋沙汰に憧れているとかなんとかで、男性と一緒に飯を食いに行くことすらもはや憧れらしい。
うわ、なんか目がキラキラしてやがる・・・
そんなに嬉しいのか・・・
安物の飯を食いに行くことが・・・

取り敢えず家の近所の中華料理屋へ。
神待ち少女を保護した場合行きつけの店に行くのは本来危険を伴うのだが、残念んながら俺の家の近くで上手い所はここくらいしかないのだ。

大将には友達の妹って事で紹介しておく。
ラーメンが初めて・・・な訳はないだろうが大将が調理するのを一生懸命眺める彼女。
・・・そんなに楽しいか?

ラーメンが出されるとすぐには手を付けずにじっと眺めている。
あれ?ラーメン嫌いだったかな・・・

などと思っていたら恐る恐る食べ始めた。
良うわからん・・・

しかしまあ上品な食べ方をしますねお嬢さん。
そんな服で上品に食べてたら絵になるね。
ラーメンてのがアレだけどww

飯を食い終わった後は取り敢えずその辺をぶらつく。
どちらかと言えば都会とはいえないこの界隈は若い女の子が喜びそうな店は早々ないのだがそれでも不思議そうに色んな店を見て回ってる。
その間彼女は俺とはぐれないようにとの理由でちゃっかり手をつないでいる。

なぜ恋人つなぎ?
まあいいか・・・なんだか楽しそうだし、このままもうしばらく好きにさせるか・・・
この後も家出少女とデートを楽しんだのであった。

帰宅後は風呂に入り残すはセックスのみ!
・・・なのだがここで乙女モード発動。

初めてだから恥ずかしいと中々ヤらせてくれない・・・
じゃあなんで神待ち掲示板なんて使ったよ・・・
まさかセックスするとは思ってませんでしたーなんて言わないだろうな・・・

格闘すること10分。
(よく俺の性欲が減退しなかったよ・・・)
ようやく彼女の身体を堪能することが出来た。

なんかもう疲れたな・・・
普通にセックスするだけなのになんでここまで神経を使う必要があるんだろうか・・・
まあもうこれで次から彼女は抵抗なしにヤらせてくれるだろう。
彼女の宿泊予定は後3日だ。