神待ち掲示板で小さな発見をした。
それは家出少女がある共通の事で喜んだり話をしてくれなくなるということだ。

まず、家出少女が喜ぶワードは「好きにしていい」「いつまでいても良い」という言葉。
つまり羽が伸ばせるというこさえ伝えておけば大体は上機嫌を維持してくれる。
そういう時は意外とすんなりセックス出来たりするものである。

だから物で釣って懐柔しなくとも円満に事を運べるのだ。

逆に家出少女が最も嫌うワードが「なんで家出したの」「なんで神待ち掲示板を使ったの」「いつ帰るの」だ。
一つ目は乙女心にも関わることだし、第一人様の家庭事情に首を突っ込んでも経験上いいことは何もない。
二つ目もそれは同じだ。第一聞かなくとも帰る場所がないから神待ち掲示板を利用しているのだからそれくらいは常識で察してあげてほしい。三つ目はこれは暗に「早く帰れ」と言っているのと同じだ。
人によっては最も傷つくワードなので避けたい。

これらを注意して家出少女に接すれば大抵はすぐに心を開いてくれる。
だからこちらから根掘り葉掘り聞かずとも家出の理由を話してくれたり、いつまでお世話になるだとかを雑談の中で話してくれる様になる。
神待ち掲示板で成功している人間と言うのは多かれ少なかれ皆このスキルを身に着けている。

これは決して家出少女だけに対してではなく女性に接する時には注意したい部分だ。
モテる男は皆これを無意識のうちにできている。

芸能人で言うと向井理や小栗旬、三浦春馬などがこのスキルを使いこなしている男たちだ。

これをするだけで女性は「この人は女心が分かる人だ」と理解する。
単純な話なのだがこういう類の出会いの場合は第一印象や人となりというのが重要になってくる。

スマホ(あるいはPC)越しにしか連絡を取り合わない段階ではその人の性格などを見抜くことは難しいので実際に出会ってからが重要だとはよく言われるが、初対面でこれを出来るとポイントが高い。

つまりこの対女性スキルさえアレばどんなに神待ち掲示板を使おうがほぼ100発100中の確率で相手を物にできる。
まあ中には例外のパターンもあるので攻略が難しい場合もあるが・・・

特にツンデレやボーイッシュな性格の女の子の場合はちょっと時間が掛かると思った方が良いだろう。
攻略を急ぐのであれば甘えん坊な「妹タイプ」の女の子を攻める事をオススメする。

ギャルゲーでは妹は落としやすい最も定番のルートだからアレはフィクジョンだと思うかもしれないが、近頃のギャルゲーは女性の心理をリアルに描いている。
だからリアルでも「妹キャラ」は落としやすい。

これが俺の神待ち掲示板での小さな発見だ。