神待ち掲示板にいる家出少女を助けてあげれば無償でセックスをさせてもらえるというのは誰もが知っている常識ではあるのだが、中には恥ずかしいのかセックスはNGだと言う家出少女も結構多い。そんななぜ神待ち掲示板を使ったのか分からない様な家出少女はデートに誘ってみよう。

デートと言っても別に遊園地や水族館に連れて行ったり映画に連れて行かなくてもいい。
その辺を何の目的もなくブラブラと歩いてみたり、喫茶店やレストランでただただおしゃべりをするだけでいい。これもまた立派なデートだ。

実際に俺は神待ち掲示板で出会った家出少女と格安デートをしたことがある。
掛かった費用は昼食代と少しの交際費くらいだ。

これくらいで十分に女の子を抱くまでに持って行けるのだからすごい。

最初こそセックスを拒んでいた家出少女達もデートが楽しければ段々と心を開いてくれる。
そのうちに「次は〇〇に行きたい」
と自分から進んで行動を取るようになる。

こうしたリラックスできるような環境を与えてあげるのも神待ち掲示板においてはまた重要なエスコートなのである。

イタリアの男性がモテるのはこういったさりげない格好良さと言うのを醸し出しているからだ。同じ男であるならば俺にもできるのではないか?
そんな気がしてくるから不思議と人生がなんだか楽しくなってくる。そんな気もする。