神待ち掲示板で家出少女に「ウチに泊まりにきてもいいよ」と誘いたい。
今夜こそ若い少女を家に泊めて遊びたい。
今回は、そんな男性にありがちな”勘違い”について紹介したい。

神待ち掲示板の家出少女を誘う際に気をつけたい勘違い

神待ち中の家出少女を誘う際に気をつけたい勘違い

・急に泊まる日を日付指定してくる男性
いつでもどうせ暇なんだろ?と男性の都合に家出少女がいつでも
合わせてくれるかのように日付を指定してくる男性。
悪気はないのかもしれないが、家出少女からしたらカチン!とくるようです。

 

・誘っているのに、上から目線。
「泊まりに来てもいいんだよ?」と上から目線の誘い文句。
男性がセックスしたくて誘ってるって神待ち中の家出少女も分かっているのに・・・
生活に困っている事をいい事に「宿と飯はおれがお世話してやるんだからさ」と、
上から目線で誘うのはNGだそうです。

 

・後回しにされてる感満載の誘い方
「今日予定無くなったら泊まりに来てよ。」とヤる事はしっかりするくせに
ヤる事ないから神待ち中の女性をさそっている男性。
神待ち中の女性からしたら、「タダでヤラせる都合の良い女」って思ってるよ!と言わんばかりの誘い方だそうです。


・神待ち中の家出少女を家政婦のように扱う男

「泊めてあげるから家事してよ。」と女性なら誰でも家事が出来ると思っている男性。
神待ち少女は確か生活に困っているかもしれませんが、さすがに家事を押し付ける条件を元に泊めようとするのはOUTな様です。


・親切なつもりで貧乏人扱いする男性

「今日は食べた事ないような美味しい物を食べさせてあげるよ。」と、親切心で言っているかもしれないが、貧乏人扱いしているんじゃないの?って感じさせられるセリフ。
神待ち少女は確かに訳あって泊まる場所と食事に困っているけど、普通の女性として扱ってくれるような紳士的な男性が理想のようです。

 

 

神待ち少女であっても普通の女性として誘って欲しい。

今回の”勘違い”まとめると、やっぱり神待ちしてても、家出少女でも、
ひとりの女性として扱って欲しい。立場はあれど腹が立つ事は腹が立つ。
というのが正直な心情のようです。
神待ち少女と上手にセックスするコツは意外に基本的な所にあるようですね。