勿論いい意味で。
え、こんなに安く済むの!?
っと声も聞かれるくらいだ。

神待ち掲示板というと皆どうしても金が掛かるだとか犯罪じゃないのかなんて身構えるだろう。
だがそれは間違いだ。
神待ちの行為自体は何ら犯罪ではないし、それを保護したからといって犯罪にはならない。

犯罪として逮捕状が出るのは中高生相手にこれを行った場合だ。
つまり大学生やOL、人妻といった自立した女性を相手にする分には何ら問題はない。

しかも金銭の受渡しが生じるわけでもない。
だから違法性はないのでそれは杞憂ということだ。

実際に金銭が生じるのは出会い系サイトを利用する際の利用料金、それと実際に女性に会った時の交際費位だろうか。
これだと普通に携帯代を払うのと一緒に払えたり普通に遊びに出掛けた時に使う金額と何ら変わりはないのだ。

そう考えるとかなりコスパが安くなる。

彼女がいない男性が女性と出会ってデートしようと思えばレンタル彼女等のサービスを使わないといけない。
勿論これも有料だし指名料だけで3000円(安くても1000円)くらい掛かる。
それにデート代だとかを含めると最低でも2万円くらいはすぐに無くなってしまう。

その点出会い系サイトであれば月々の利用は3000円~(サイトにもよる)利用できかなりの数のポイントが貰えるので実質3000円分のポイントで3~4人くらい出会えるものだ。
交際費も食事代とホテル代くらいだからそんなにかからないし、宿代なんてものは発生しない(自宅に泊める場合)のだから1ヶ月のトータルを考えるとかなり押さえることができる。

こう考えるとどちらがお得かは一目瞭然だ。
風俗に行くよりも安いし、レンタル彼女よりも安い・・・
こんなに低コストで使えるということには何か裏があるのではないだろうか・・・

そう思い色々と調べてみた。
まず低コストで仕えるのは出会い系サイトと言うのは優良サイトでアレば自ずと人が集まるので一人一人の利用料金は安くてもかなりの運営額を準備できる。
運営費が準備できればそこから広告費などを捻出して大々的に広告活動を行う。
その広告活動の結果また人が集まると言う仕組みが出来上がっているようだ。

つまりこれらの窓口が用意できるから人が自然に集まる。
そのためには利用額を押さえる事ができる。

出会い系サイトや神待ち掲示板は利用者だけでは無く、運営側にとってもコスパを押さえることができる万能のツールというわけだ。
なるほど人気が出るわけである。

神待ち少女に人気のサイト

神待ち少女に人気のサイト

神待ち少女達にいち早く出会えるサイトをご紹介しています。