私にとっては当たり前のこと。でも、他人からすれば変態プレイ。世の中との乖離が、時々億劫にも感じられます。
そんな私は、誰かとプレイしたいと思ったら、神待ち家出少女にロックオンします。理由は簡単、自分好みの変態プレイができるから。

持ちつ持たれつの関係とよく言いますが、私と街を彷徨っている女の子は、まさにそのような関係。
その日を快適に過ごすために必要なものを私は女の子に提供し、そのお返しに変態プレイに付き合ってもらう。
女の子も、温かいご飯を食べ、温かいお風呂に入り、温かいベッドで寝ることができると考えれば、多少世間からズレているようなプレイにも応じてくれます。

その辺を歩いている女の子では無理でしょう。もしくは、セフレでも、変態プレイに付き合ってもらうのは難しいでしょう。ましてや初対面なら、なおさらです。
ところが、神待ち家出少女なら多少変態なプレイにも付き合ってくれます。

首輪をつけ、手錠をはめ、脚も縛った上で極太バイブを突っ込むプレイにも応じてくれます。イマラチオもしっかりとやらせてもらいます。
アナルも開発させてもらったり、剃毛プレイに付き合ってもらうことも。

これらのプレイは、普通の女の子では、それを聞いただけで部屋から出て行ってしまうかもしれません。
神待ち家出少女が部屋から出て行かないのは、出て行ってしまうと、その日は外で寝なければならないかもしれないから。ご飯もまともに食べられないかもしれない。
それが頭をよぎれば、このくらいのことは平気でしてしまう、それが街を彷徨っている女の子なのです。

インターネットなどを使う時には、会ってからすぐにプレイに入るのではなく、最初に好きなご飯を好きなだけ食べさせて餌付けをするのも効果的。
こうすることで、いざ行うプレイが変態じみたものだと感じても、ご飯を食べさせてもらっているため、断ることができなくなります。

こうして私は神待ち家出少女と変態プレイを楽しみ、性欲を発散しているわけです。

もしかしたら、非人道的にも見えるかもしれません。それでも一向に構わない。利用できるものは利用しないと。
見方を変えれば、私も女の子たちに利用されているわけです。世の中は、しばしばこのような関係で成り立っていると思っています。

それにしても、神待ち家出少女が多数出現するネット掲示板は便利です。家出掲示板や神待ち掲示板と呼ばれるものしか現在は使っていませんが、探せば他にもあるのかもしれません。
これからはその使用の幅を広げ、さらに変態プレイを一緒に楽しめる女の子を次々と私のものにしていきたいと考えています。