皆さんこんにちは!
春らしく神待ち掲示板をデザインしなおしました!
さらに現在ログインしているのかがわかりにくいという意見が多数ありましたので、ログイン状態の最新投稿の女性を表示するようにしなおしました!
これからも神待ち掲示板をご覧ください♪

それでは本日も投稿をご紹介していきたいと思います♪
H.N
「神の気持ち」さんからいただきました!

なにかに悩んだり悲しんだりするのは、子供のときだけ…なんてことはありません。むしろ、大人になると悩みや悲しみの原因も爆発的に増えるわけですから、大人のほうが『日々のつらさの慰め』を求めてしまうのです。

かく言う私も、それなりにつらい日々を過ごしていました。死ぬほどつらいわけではありませんが、20代にして両親と死別したり、仕事でも過剰とも言える責任を背負わされたり、とにかく悩みはいくらでもあります。

そんな日々では胃が痛くなるだけでなく、気分が滅入ってしまって「ああ、慰みが欲しい…」と考えてしまうのです。こういう考えを甘ったれだと非難する人もいるでしょうが、そういう人はよほど恵まれているか、他人の気持ちが分からないサイコパスなのでしょう。

慰みの方法は人によって異なりますが、私は『セックス』がおすすめですね。セックスはスッキリするけど疲れるし、そこまで慰めにはならない…と思うかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、男性にとってはセックスこそが最大の慰めでしょう。

というのも、男性は『女性の肌に身を寄せると、母親を思い出して落ち着く』という習性があります。これは大昔から同じでして、男性のほうが甘えん坊が多いのも仕方のないことでしょう。とくに、私にはもう母親がいないので、より女性の肌が恋しく感じるのです。

そしてそういう相手を手軽に見つけるなら、『神待ちサイト』がいい感じだと思います。恋人を作るほうがより慰めてもらえそうですが、そういう関係になるには時間がかかるし、仕事で忙しい人には難しい一面もあるでしょう。

その点、神待ちしている女性とは一晩限りの関係も多いものの、セックスができるということは女性の肌も感じられるというわけでして、男性の慰みとしてはこの上なく適しているでしょう。私もつらくなったときは、そういう女性を探して泊めています。

この前も仕事のプレッシャーで気が滅入ったから、神待ち女性を探して家に泊めました。相手女性はとても感謝していましたが、私としても本当にありがたく、胸が大きかったこともあり、まるで母乳を求める子供のようにおっぱいへと顔を埋めましたよ。

セックスでは興奮するのはもちろんのこと、出し終わったあとも引っ付いているとリラックスできまして、私は「ああ、やっぱり女性の肌は最高だな…」と痛感するのです。これからもつらいときは、こういう女性たちに甘えたいと思います。

もしも悩みを抱え込んでいる男性がいたら、参考にしてくれるとうれしいです。