↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
今回私はこの神待ちサイトで神待ち女性をゲットしました。

パジャマといえばゆったりした衣服を想像しますし、そういうものが人気です。やっぱり眠るときはリラックスできるかどうかが大事なので、ゆったり感のある服はおすすめでしょう。しかし、女性の場合はちょっと異なるみたいですね。

女性の寝間着にもバリエーションがありますが、『セクシーで男性を刺激するデザイン』も結構あったりします。そういうものは露出が多いので、女性からすればリラックスできるのかもしれませんが…男の場合は「これって誘ってるのか?」と思うほど、エッチなことに向いた衣装なのです。

私が最近見たパジャマだと、『スケスケのネグリジェ』がとくにヤバかったですね。今まで付き合ってきた彼女はスウェットや普通の寝間着を着ていたのですが、この前泊めた『神待ち女性』はすごくエロいパジャマを持参しまして、セックス後だったのにまた求めてしまいました。

その神待ち女性はカズミ(仮名)という20代の女性で、出会い系ですぐに仲良くなれたのです。カズミは「お泊まりするところが見つからない…どうしよー」と書き込んでいて、私が心配すると「優しいんですね!」と喜んで、そのままお泊まりの約束もスムーズに決まりました。

泊まるところがないというわりにはカズミは明るくて、暗さを感じさせません。私が気を遣って励まそうとしたら「気にしないでいいですよー」と笑っていました。もしかしたら、カズミは神待ちサイトを使い慣れていたのかもしれません。

ちなみにカズミはスタイルがよく顔も綺麗だったので、私は家に到着してすぐにセックスをしました。カズミもシャワー前ですが普通に受け入れてくれて、久々ということもあってか気持ちよく出すことができたのです。

セックスが終わると一段落し、カズミもシャワーを浴びました。私はカズミが出てから入ろうと思って、後片付けをしていたのですが…なんとシャワーから出てきたカズミは寝間着に着替えてまして、その格好がとてもエロかったのです。

ネグリジェタイプの衣装でいろんなところが透けており、ぶっちゃけ裸よりもエロいと感じました。もしも全裸のまま上がってきたら耐えられたかもしれませんが、こんな格好を見ると私の股間もまた元気になりまして、ついカズミに再戦を求めたのです。

カズミは「まだできるんですか?」と驚きましたが、とくに抵抗することはなくて、その衣装のままやらせてもらいました。普通にセックスするよりも、エロい衣装を着たままのほうがいいですね。

こんなパジャマを持参する女性だと、何度でも勃起できるかもしれません。