神待ちの増える季節といえば”夏休み”この季節になると神待ちする少女が増えるのだが、なぜ神待ちが”夏休み”に関係するのだろうか?

今回は”夏休み”に神待ちが増える理由について紹介したい。

 

夏休みに神待ちが増える理由

・夜遊び後に神待ちをする少女の増加

夏休みに神待ちが増える理由としてまず上げたいのが、夜遊びだ。夜遊びといえば、友人との飲み会、クラブ(昔で言うキャバレー)遊び、友人とたむろする場所が増える事による夜遊び、運転免許を取ったばかりの大学生の深夜徘徊、上げればキリが無いが年々このような夜遊びが激化している。

神待ちをしている若者達はこの夜遊びの後に、現代では当たり前に利用されているスマートフォンなどを利用し、手軽に使えて都合の良い宿泊場所を探しているのだ。

 

・貞操観念の低下

宿泊すると一言で言うが、見ず知らずの男性の家に宿泊する事に若者は抵抗がないのか?と疑問を持つ方も少なく無いだろう。しかし、抵抗が無い。と答える少女が多いのが現実だ。

 

ヤラせるだけで親に内緒で”夜遊び”して寝泊まり出来る。ただそれだけで若者は”自らの身を守らないといけない”という危機感をも麻痺させてしまう。

 

これは、家庭内での教育を行わない。教育は学校の仕事だ。と全ての責任を学校に押し付ける親が増えてしまった事が理由だと言えるだろう。