今すぐ家出少女ヤリマンを探すならこちらからどうぞ

神待ち中の少女達は、毎日泊まる場所に困って泊め男募集をしている。泊め男とは見知らぬ女性を神待ちサイトを使って泊めている男の事を言う。

そもそも少女達は泊め男を募集しているが、ガチで泊め男を募集しているかと言えばそうでもない。実際は泊めるという事を口実に手の込んだ演技を行い、泊め男を都合のいい様に利用するのが目的だ。

お!泊まる場所に困ってる子がいる!これは女を家に連れ込むチャンスだ!そう思った男性は少女に誘いのメッセージを送信し、家に来るように懸命に交渉する。もちろん少女達はそんな男の気持ちを理解しているのか、簡単に男の家に上がる約束をし、男の家に泊まって食事をしたり風呂に入ったり、寝たりと好きに生活をする。

これが神待ちと泊め男の生き方というものだ。

今回はそんな泊め男と家出した少女のある体験談を紹介したい。

家出した小娘を連れ込んだ末路

ある日、僕は家出した小娘を誘い込んだ。彼女は23歳の若い事務員。一人暮らしをしているそうなのだが、家が遠いので帰るのが面倒臭くて泊め男を募集してますというメッセージが魅力的な彼女。

帰るのが遠くて面倒くさい?そんな事あるか。ただセックスしてーだけだろーが!

こんなビッチを泊めれたらいいな。一か罰か試しにメッセージを送信。「泊める場所困ってるならうちが〇〇だから泊まってきなよ」と。

すると、すぐに返信が来て彼女を後日泊める事になった。

彼女と当日に待ち合わせをして会ったのだが、初対面というのはいつでも緊張するものだ。どんな子だろう?

待っていたらやってきたのは可愛い20代前半です!って言わんばかりのフレッシュな女性。ああ、可愛い。

それから僕は彼女を家に連れ込んでヤッた。簡単にヤレたことから僕は、「こいつ絶対ヤリマンだろう。」と思った。その後、彼女が家に泊まって行くんだろうと僕は爆睡。

朝起きたら彼女は消えていた。

あれ?

彼女がどこに行ったかは分からないがそれからは音信不通。泊め男は都合の良い一夜限りの男にされやすい。セフレと違って長続きしないのが欠点である。