今まで女性とセックスをする時に、ローションを使って失敗したという経験がある男は多いのではないでしょうか?
実は自分自身がそうで、てっとり早く濡らして挿入したいという焦りがあってローションを使用していました。
でもローションってシーツがベタベタになってしまうから、自室でやると大変な事になってしまいます。

ホテルでローションを使用すれば、洗濯の心配や後片付けまで考える必要はありません。
それでもヌルヌルしすぎてすべって上手く挿入出来なかったり、あとローションを塗った後はもうその身体を舐める事が出来ません。
つまり愛撫の種類が指だけになってしまうために、単調になってしまう気がします。

だからローションに頼らずに、女性の身体からでる愛液だけで頑張ろうという気持ちになった事もあります。
でも女性によって濡れやすさって全然違うし、濡れてない状態で触ったら痛がりますよね。
自分もそれほどセックスのテクニックがある訳ではないから、やっぱりローションを使った方が気持ちよくなれる。

そんなふうにどっちにするべきか悩んでいた時に、素晴らしいアイテムの存在を知りました。
それはラブシロップです。ラブシロップとは使ってもベタつかない上に、食べられる成分で作られているので舐めても害がないローションです。

舐められるローションなんて凄く画期的で今すぐ使いたいと思ったものの、現在自分は恋人もセフレもいないフリーな状態です。
でもラブシロップだけはネットで注文してすでに手元にあります。
思い立ったら即日という性格なので、今夜出会った相手と即日セックスを求めて神待ち掲示板を利用しました。

セフレ掲示板だとセックスをしたい女性が集まるものの、セフレを作る女性はわりかし好みに拘りますよね。
そのためイケメンでもお金持ちでもない自分が女性に選ばれるのは難しいと思う訳です。
でも神待ち掲示板だったら、利用している家出少女は凄く困った状況にいる訳です。

特に冬なんて絶対に野宿出来ないし、お腹がすくとますます寒さが身に沁みますよね。
それに冬のボーナスをまだ何も使っていないから、経済的に余裕があるし美味しいものでも食べに行きたい。
そんなふうに思いました。

なので「ボーナスがまだ残っているから、何でも食べたいモノをご馳走します」と神待ち掲示板にカキコミました。
すると思った以上に家出少女からメールが届きました。
その中の1人、凄くタイプの子がいたのでLINEIDを交換して待ち合わせ場所を相談して決めました。

家出少女と会って、「身体が温まるように鍋が食べたい」と言ったのでコラーゲンたっぷりの鳥の水炊きが美味しいお店に連れていきました。

その後は今後は自分がご馳走になる番です。
ホテルで家出少女にラブシロップをたっぷり塗って、全身を舐めました。
凄く甘く感じたのは家出少女自身の甘さなのか、ラブシロップの甘さなのか分かりませんが甘くてクラクラしてしまいました。
とっても美味しかったです。