皆さんこんにちは!
週末はどうお過ごしかお決まりでしょうか??
まだ決まっていない方は是非神待ち掲示板を拝見してみてください♪

それでは本日の投稿をご紹介していきたいと思います♪
H.N
「神ニー」さんからいただきました。

自分のすぐ側に『オナニーしている女性』がいたら、皆さんならどうしますか?すぐ側にいるってことはそれなりに親しい相手の場合が多いだろうし、側でそんなことをしているって状況は、もう誘っているとしか思えませんよね?

女性がオナニーしている様子はとてもエロいため、男性からしてもいいおかずになります。もちろん、いいおかずというだけでなく、すぐ側でそういうことをしていたら「もう準備もできているし、すぐに入れさせてもらおう!」って考えますよね?

私もそういうシチュエーションに身を置いたことがありまして、あのときのセックスは最高に興奮しました。そのときの相手は派手に喘いでいたわけではなく、むしろ控えめにもぞもぞしていたような状況ですが…その内緒でやろうとしている様子も、またそそりましたね。

その女性たまき(仮名)とセックスすることになったきっかけは、『神待ち』でした。たまきが一晩だけ泊まれる場所を探していて、それを知った私が誘い、家に来てくれたのです。こういう女性はすぐに2人っきりになれて、そのままセックスできるのが最高に好都合ですよね。

また、たまきは元から結構性欲が強いらしく、一緒にご飯を食べているときも「もう1年はしてなくて、そろそろしたかったんだよね…」とちょっとだけ恥ずかしそうに教えてくれたときには、私もムラッとしました。

自宅では神待ちしていた女性らしく、すぐにさせてくれたのです。先にシャワーを浴びたがることもなく、私が求めるまま応じてくれまして、汗を流す前のたまきの体臭を楽しませてもらいました。その日の匂いが残った女性は、男の股間をいい感じに刺激してくれます。

私はこの1回でもかなり満足気味でしたが、実はたまきはまだしたかったようで、これがオナニーにつながったのです。ベッドが1つしかないため、Tは私の隣で寝ていたのですが…夜中、なんだかたまきがもぞもぞとしているのに気付き、耳を澄ますと小さく甘い声が聞こえました。

このとき、私は「あ、もしかしてオナニーしてるのか?」と思い、最初は気を遣って寝たふりをしていたのですが…そのうち我慢できなくなり、「こんなにエロい神待ち女性がいるのに、我慢するのはもったいない!」と思って、たまきに向き直ってセックスを求めました。

予想通り、オナニーでトロトロになっていたたまきのアソコはすぐに挿入できて、ついゴムを着けずにやっちゃいましたよ。最後は外出しで決めて、たまきは怒ることもなく「恥ずかしいけど、すごく良かった…」とはにかんでいました。